枕で睡眠の質が変わる 【枕で肩こりが楽になる!】

枕で睡眠の質が変わる 【枕で肩こりが楽になる!】

枕ひとつで睡眠の質が変わる

 

すべての不眠症のうち、どれくらいの割合で枕が関係しているのか、正確なパーセンテージはわかりません。しかし、ある診療所で受診された患者さんを対象におこなったアンケート調査を見ても、けっして少なくないことはわかります。

 

もともと何らかの身体症状がある方を対象にしているという点で特殊なサンプルではありますが、現在使用中の枕に関して「不満」と答えた方が60パーセント。それが、適切な枕に取り替えた後は76パーセントの方が「睡眠に満足」と答えるようになりました。

 

枕ひとつで睡眠のパターンも質も変わります。「手がしびれる」とか「寝違えがよく起こる」といった整形外科関係の症状が改善するのはもちろん、それまでは「うつ病だから薬を飲まなければ眠れない」「年だからトイレが近いのはしかたない」などと、半ばあきらめていた不眠症までよくなることがあります。枕不眠が、何食わぬ顔でほかの原因による不眠症の陰に隠れて、けっこう悪さをしているからです。

 

論より証拠。このことを裏づける実例をご紹介しておきましょう。

 

 

32歳の男性のケース

 

まず、32歳の男性のケースです。がっしりした体格で、身長175センチ、体重は87キロ。体格は枕の高さに影響するので、まず身体つきに注目します。

 

この方の場合は、学生時代に野球をやっていたため、右肩から右腕にかけての筋肉が左と比べてよく発達していることが気になりました。

 

彼が治療を考えた直接の理由は、首のヘルニアでした。頚椎の椎間板が骨の隙間から脱出して、強い痛みや手のしびれを引き起こしていたのです。そのため「首が痛くてよく眠れない」といいます。さらに話を聞いてみると、大きな身体のわりに気持ちの繊細な方で、職場関係でいろいろ悩んでいることもわかりました。

 

「あれこれ考えるとますます眠れなくなるものだから、朝起きても朝食がおいしくないし、会社に行く気もしない。ひょっとしたらうつ病なのかなあ……。妻によれば、夜中にいびきがひどいし、さらに、突然、息が止まることもあるというんです。健康だけが取り柄だと思っていたのに、何か悪い病気があるんでしょうか。やっぱりうつ病かなあ……」

 

枕について質問してみました。

 

「枕ですか?いくつか替えてみましたが、なかなか合うものは見つかりませんねえ」

 

そこで、彼の身体に枕を調整してみました。すると、どうでしょう。あっという間に首の痛みも、手のしびれも、肩こりも解消。朝起きると身体はすっきり、心も晴れ晴れして、朝食がおいしくなったというではありませんか。いびきもかかなくなり、夜中に呼吸が止まることもなくなったので、奥さんも安心した様子です。

 

「心配されていたうつ病のほうはいかがですか?」

 

「え?何のことですか?」

 

拍子抜けしてしまいました。

 

 

78歳の女性のケース

 

もう一人ご紹介したいのは、78歳の女性です。身長148センチ、体重63キロ。少し太りぎみで、背中が丸く猫背になっている農家のおばあちゃんでした。

 

若い時からずっと、畑仕事を頑張ってきたお年寄りの方々のなかには、背中や腰の骨が曲がってしまっている人が多いものです。骨粗鬆症で骨がもろくなって、背骨が変形したためです。

 

おばあちゃんの話を聞いてまず驚いたのは、「夜は横向きでないと眠れないし、寝返りも打たない」ということです。そのせいでしょう。朝になると首も腰も痛くて、起き上がるにもかなり苦労する様子です。夜中に5〜6回目を覚まして、トイレに行くのも習慣になっているようです。あまりにつらいので、かかりつけの内科医院で睡眠薬を処方してもらい、内服してから寝るのが日課になっていました。

 

使っている枕のことを質問してみると、自分で考えて作ったタオル制の枕を使っているということでした。

 

「なんとか気持ちよく眠りたいと思って、いろいろ試行錯誤したんです」

 

その工夫の結晶が、タオルを使った自作の枕でした。まず頭の下にタオルをたたんで置いてから、首の下に丸めて円錐形にしたタオルを置いて寝ていると教えてくれました。とても自慢そうに説明されるのが印象的です。

 

これを聞いて、恐ろしくなりました。そんな枕で頭と首を固定してしまったら、寝返りなど打てるわけがありません。寝返りがちゃんとできないことが原因でさまざまな不具合が出ているにもかかわらず、しっかり寝返りができない原因が「自分で工夫して作った」手づくりの枕なのですから、まさに本末転倒でした。

 

おばあちゃんの涙ぐましい努力を傷つけないよう細心の注意を払いながら、枕を自分に合ったものに替えてみることを提案してみました。上向きに寝ても横向きに寝ても身体に負担がかからず、寝返りが打ちやすいような高さのせんべい座布団の枕です。

 

何日かhした後におばあちゃんに会ったのですが、「朝起きた時の腰痛がかなり楽になって、夜中に足がつることもほとんどなくなった」と喜んでいました。

 

枕で首が安定すると、腰までの背骨全体の寝姿勢が改善し、腰や足の症状が軽快する例があります。なかでもとくにうれしそうだったのは、夜中のトイレの回数が1回に減ったことでした。さらに最近では、睡眠薬を飲まなくてもぐっすり眠れるようになった様子です。

 

以上にご紹介した2つの例は、枕の調整がとくに目覚ましい効果を発揮したケースです。すべての症状が、枕を替えただけで改善するとはかぎりません。

 

しかし、あなたの不眠症の場合も、少なくとも枕が複合的な不眠症の原因のひとつとなっている可能性はあるのです。

 

寝姿勢が悪いと、こんなところにも悪影響がある

 

「どんな所だって、どんな姿勢だって、簡単にすぐに眠ることができる」

 

たまに、こんな感じで自慢している人を見かけることがあります。でも、いくらそんな人だとしても、ソファなどで猫のように丸くなって寝てしまった次の日の朝は、身体のいたるところがガチガチになってしまって痛かったり、けだるさが残ったりという経験は誰でもあるはずですよね。

 

または、旅行先、出張先の旅館やホテルで、フワフワの羽毛枕に頭をどっぷりと沈めて眠ろうとしても、なんだか寝苦しくて落ち着かないとか、朝目が覚めたら腕がビリビリとしびれていたという風な経験はあるのではないでしょうか。

 

寝る時の姿勢の悪さは、睡眠を妨害するだけではなく、身体のいたるところの痛みやしびれというような症状を引き起こしてしまうのです。寝る時の姿勢を決定するために大事になってくるのが、布団やベッドなどの敷物と枕になります。この中でもとくに上半身、つまり頭、首、肩、上背部、腕、手に大きな影響を与えるものが枕なのです。

 

枕は、一般には、眠る時に単に頭を置くためだけの道具に考えられていますが、本当は睡眠中の首の角度をキープするための大事なものなのです。睡眠中の首の位置であったり角度によって、背骨全体の姿勢が決定し、さらには寝返りの打ちやすさにまで影響してくるのです。

 

このあたりで、頚椎や脊椎の構造についてちょっと勉強しておきましょう。少し専門的でむずかしいかもしれませんが、骨の仕組みがよくわかると、正しい寝姿勢や枕の重要性が理解できるはずです。

 

下の図を見てください。首の骨、つまり頚椎は七つの小さな骨から成り立ち、七つの骨の中を脊髄神経という重要な神経の束が走っています。そして、この脊髄神経から一本ずつ枝分かれした計八本の緇い頚神経が、頭や首回り、肩甲骨の周囲、腕や指先まで、左右に分かれて支配しています。

 

 

つまり、左右別々に運動、感覚、痛みなどを司っているのです。

 

枕が高すぎたり、低すぎたり、軟らかすぎたりすると、首が不自然な角度で傾くので、これらの頚神経は根元で圧迫されて障害を受けます。また、直接、圧迫することはなくても、不自然な寝姿勢のせいで首の後ろの筋肉が緊張すれば、神経に栄養を運ぶ血管が締めつけられて血液循環が悪くなり、やはり神経は痛みます(下図参照)。

 

 

もう少し詳しく、順番に頚神経の場所と障害を見ていきましょう。

 

第一頚椎と第二頚椎の間から頭のほうへとつながっている第二頚神経後枝が「大後頭神経」と呼ばれています。この神経が締めつけられたり、傷ついたりすると、頭痛や後頭部痛の原因になってしまうのです。また、大後頭神経は髪の生え際の辺りで三叉神経とつながっているため、三叉神経痛として目の奥が傷んだり、目頭がきりきりと痛いといった症状が出ることがあるのです(下図参照)。

 

 

第二頚神経前枝、および第二頚椎と第三類椎の間から出ている第三頚神経前枝は「小後頭神経」です。この神経は、耳の後ろから顎の関節、首の付け根あたりに分布します。寝ている間に耳がちぎれそうなほど痛くなったり、朝起きたら耳がしびれている、顎のあたりに違和感があると訴える患者さんがいますが、そういうケースでは、まずこの神経の異常が考えられます。

 

第三頚神経と第四頚神経は、喉や首回り、そして前胸部を支配しています。寝姿勢が悪いためにこれらの神経が傷つくと、喉が締めつけられるように感じたり、胸に圧迫感を覚えたりします。

 

合わない枕で寝ることは拷問と同じ

 

第四頚椎と第五頚椎の間から出ている第五頚神経は、ちょうど肩の後面から腕に向かって伸びています。夜中に肩の痛みを感じて何度も目が覚めるとき、ちょっと年輩の方だと「いよいよ四十肩だろうか」とか「五十肩なんだからしかたな
い」などと考えがちですが、じつは合わない枕で寝ていることによって首が傾きすぎてしまい、第五頚神経を圧迫していることも考えられるのです。

 

次の第六頚神経は、肘の周囲に伸びています。したがって、起きたときに肘が痛いとか、肘の曲げ伸ばしがうまくいかないという方の場合は、この神経が傷んでいることを疑ってみる必要があります。

 

そして、いちばん下部にある第七頭神経と第八頚神経は、指先にまで到達しています。とくに第八宗神経は、肘の内部にある細い骨の隙間を縫うようにして小指の先にまで伸びているので、簡単に圧迫を受けやすい構造になっています。朝起きるとなんだか小指がしびれているとか、どことなく手がはれぼったい、手に力が入りにくいなどという場合にも、寝ている姿勢が首の神経を圧迫していることが原因の可能性があるのです。

 

もちろん、あらゆる症状がすべて枕のせいだとは言えません。ほかの病気による症状であることも十分考えなければなりません。また、類椎に年齢変形や外傷の後遺症があるような場合には、枕や寝姿勢に関係なく同様の症状が出ることがあります。

 

しかし、合わない枕で寝続ければ、いずれは誰にでも何らかのつらい症状が出てくる可能性はあるのです。なぜなら、合わない枕で眠るのは、首の骨にとって拷問も同じだからです。誰だって、ひどい拷問を受けたり、残虐な暴力行為にさらされれば、無意識のうちに防御姿勢をとるものでしょう。枕の拷問を受けたときも同じです。

 

合わない枕を当てて眠った夜、私たちの身体はどんなふうに対応していると思いますか? 手を動かして、頭の下の枕を無意識のうちにずらしていたり、布団の外へと移動したりしています。さらに身体全体が枕から逃げようとして、大きく動き回ることもさえあるのです。合わない枕の代わりに腕や肩を使って不自然な格好で寝ていることさえあります。そして、朝目覚めると、頭の下にあったはずの枕がなくなっているのです。

 

他人が見れば、「寝相の悪い人だなぁ」という感じで何もなかったように思われるかもしれないのですが、本当のところは、枕の拷問から解放されるための当たり前の行動をしているだけなのです。

 

だって、考えてもみてください。無理な姿勢で首の骨を圧迫したまま六時間も八時間も眠り続けるとしたら、どうなってしまうのか……。少し考えるだけでもとても恐ろしいことです。合わない枕を使って不自然な格好で寝ることにより、寝違えをする人や、原因不明の頭痛に苦しむ人、腕がしびれたり肩こりに悩む人、こういった症状で苦しむ人今よりもずっと増えるに違いないと思います。

 

合わない枕を使って不自然な格好で長時間寝るよりも、枕を使わないで眠るほうがまだましと言えます。なぜなら少なくとも、首が安定しますし、寝返りがスムーズに打てるようになるからです。

 

とはいえ、枕なしで寝ることも首の骨を不自然にしてしまうことになります。やはり、自分にピッタリ合った枕を探して自然な格好で寝ることが一番なのです。

 

自分に合った枕を使うと


このサイトでは、枕と肩こりと睡眠について色々とお話してきたのですが、実は私も以前は酷い肩こり、首の痛みに悩まされていました。酷くなると肩甲骨周辺にまで刺すような痛みが走り、日常生活もままならないほどでした。特に寝起きの痛みは本当に耐えられませんでした。


いよいよ我慢できなくなり医者にかかると「筋と筋肉が固まっているのが原因」と言われ、痛み止めの注射を打たれ、シップを処方され、ストレッチ法を教えてもらいました。しかし、一向に症状は良くなりませんでした。


そこで、枕を自分の身体に合ったものに替えてみることにしたのですが、これがとても効果がありました。今ではあれほど痛くてつらかった肩こり、首の痛み、肩甲骨周辺の刺すような痛みがなくなりました。おかげで毎日快調です。


肩こりや首の痛みで苦しんでいる方には、枕を替えてみることをオススメします。肩こりなどのツライ症状がなくなると世界が変わりますよ!


横向きで寝ることが好きな人用の横寝枕や、簡単に自分に合った高さに調整できる枕など色々な種類があるので、ぜひ自分にピッタリ合った枕を見つけてください。


特にオススメなのが下に紹介している2つの枕です。私の家にはどちらもあるので使っているのですが、どちらも非常にいい枕で、肩こりはもちろんこのサイトで挙げたような諸症状の解消にもとても効果があると思います。


横寝用と仰向け用に分けて紹介していますが、どちらもとても寝返りしやすく、気持ちよく眠ることができるので、どちらを選ぶかは自分の好みの寝るスタイルによると思います。例えば妊婦さんであれば絶対横寝枕がいいと思います。


自分にピッタリ合った枕を使って、スッキリ爽快な生活を手に入れましょう!


 


肩こり・首の痛みをしっかり解消できる横寝専用枕

【YOKONE2】

人間工学を基に設計された横寝専用枕

  • 肩こり、首の痛みの解消だけではなく、いびき、無呼吸も解消できます。

  • 頭・方・首・腕の4点で頭を支えるのでとても楽に寝ることができます。

  • 仰向けでも気持ちよく眠れる作りになっています。

  • 返金・返品保証付きなので安心です。





 


仰向け寝が好きな人にオススメの枕

【六角脳枕】

肩こり、首こり、などの負担を軽減してくれます

  • アメリカの睡眠専門医の認定を受けた枕です。

  • 寝返りがしやすい作りで、肩こり・首の痛みが解消し、疲れをしっかり取ってくれる枕です。

  • 楽天で2部門の連続1位を取っている人気の枕です。

  • 全額返金保証付きなので合わなかった場合でも安心です。





そのツライ肩こりの原因は今使っている枕かもしれません。肩こりになる原因と正しい枕の選び方はこちらから >>